↓下記バナークリックでせどり漫画付のメルマガ登録フォーム↓



VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
 メールアドレス


せどりでバーコードリーダーの使い方(KDC200、KDC200i)を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

せどりでバーコードリーダーの使い方を解説していきたいと思います

 

 

まだ、せどりで使うバーコードリーダーお勧めの種類と理由を見ていない方はこちらからご覧ください

せどりでバーコードリーダーのお勧めの種類と理由とは?

 

 

で、今回はお勧めの種類と理由に書いてあるように

私がお勧めするバーコードリーダーKDC200の使い方や設定について解説していきます

 

 

 


それではこちらより動画をご覧ください



 

 

 

せどり便利なバーコードリーダーKDC200とは

 

 

せどりで便利なアイテムのKDC200はこちらです

バーコードリーダー

 

 

 

小型バーコードリーダーと言われるようにサイズは

本当に小さく手のひらに収まる程度の大きさになります

バーコードリーダー

 

 

 

KDCの持ち方としては下記のように持つと手にすっぽりと収まりますし

そのまま中指でボタンを押す事で、手に包み込んだままビームをあてれます

バーコードリーダー

 

 

赤枠の中指あたりでボタンが押せる感じになるんですよ(^^♪

バーコードリーダーボタン

KDC200、KDC200i(バーコードリーダー)の基本の使い方

 

それではKDC200(バーコードリーダー)の使い方ですが

基本的に操作するボタンは3つしかありません。

 

 

まず正面にあるボタンはバーコードをスキャンする時に押す場所です

バーコードリーダー

 

 

そして横にある2つのボタンがバーコードリーダー(KDC200,KDC200i)の

設定を操作する時に使用する箇所で、同時に押す事で設定画面が表示されます。

バーコードリーダーの設定

 

 

 

横にある2つのボタンを同時押しをすると設定画面が開きます

バーコードリーダーの設定画面

 

 

 

以上の3つのボタンのみで構成されているので、操作性がシンプルで分かりやすいと思います

 

 

バーコードリーダーの使い方の解説の前に確認

 

一応、ここでも解説していきますが最初の設定として

バーコードリーダーを購入した時に付いてくる説明書をご覧ください。

 

 

また、KDC200(KDC200i)には様々な機能や使い方がありますが

ここではせどりでスグに使える状態にするための設定を説明をしていきます。

(解説している説明書があるため)

 

 

それでは解説していきます

 

 

スキャンデータの保存の設定をする バーコードリーダーの基本の使い方(設定1)

 

まず最初に横にあるボタン2つを同時に押してメニューを表示させます

バーコードリーダーの設定を表示

 

 

次に横にある下側のボタンを押していき

Data Process」の所で正面のスキャンボタンを押してください

バーコードリーダー使い方の手順1

 

 

そうしましたら「Wedge/Store」でスキャンボタンを押します

バーコードリーダー使い方の手順2

 

 

次に下記の画面が表示されますので「Wedge Only」を選択してください

バーコードリーダー使い方の手順3

 

 

その後に下にある「Save If Sent」を押せば完了です

バーコードリーダー使い方の手順4

 

 

 

【補足説明1】

KDC200(KDC200i)には戻るという項目はありません。

 

なので、「Save If Sent」のを押した後は

下にあるTOPメニューを選択して上の階層へ戻っていきましょう。

バーコードリーダーの設定

 

 

そして、一番上の階層には「Exit Menu」という表示がありますので

それを選択すればメニュー設定を終了させる事が出来ます

バーコードリーダー設定終了の方法

 

 

 

【補足説明2】

 

この項目の中で5つの選択が出来るようになっていますが、簡単に紹介します

 
Wedge Only :スキャンしたデータをPCや携帯に送信するけどもバーコードリーダー内にはそのスキャンデータを保存しない※スキャンデータがKDC内でいっぱいになった時に削除する作業がいらなくなる
Wedge & Store Only:スキャンデータを送信もするし、KDC内にもデータを保存する※スキャンデータがKDC内でいっぱいになると削除する作業が必要になります
Store Only:スキャンしたデータをメモリーには保存するけども送信はしないという事
Save if Sent:スキャンデータをPCや携帯へ送信成功した時だけ、データを保存する(KDC内)
Save if Not Sent :スキャンデータをPCや携帯へ送信失敗した時だけ、データを保存する(KDC内)
 

 

こういった感じで、色々な仕様を選ぶことが出来ますが

基本、せどりではWedge OnlyかWedge & Store Onlyのどちらしか使いません。

 

 

データを保存しておく必要がない場合にはWedge Onlyを選択しておきましょう!

 

 

データの改行の設定をする バーコードリーダーの基本の使い方(設定2)

 

再度、横にある2つのボタンを同時押しして設定画面を表示する

バーコードリーダー使い方の改行設定1

 

 

 

先ほどと同じ「Data Process」を開きます

バーコードリーダー使い方の改行設定手順2

 

 

 

次に下の方にスクロールしていき「Terminator」を選択してください

バーコードリーダー使い方の改行設定手順3

 

 

 

下記画面の中から「CR+LF」を選択して「Save & Exit」で保存します

選択すると「」の様なマークが付きます

バーコードリーダー使い方の改行設定手順4

バーコードリーダー使い方の改行設定手順5

 

 

この設定をしておくとスキャンデータを読み込んだ時に改行がされる設定になります

 

 

【補足説明1】

先ほどと同じでKDC200(KDC200i)には戻るという項目はありません

TOPメニューを選択して上の階層へ戻っていきましょう。

 

そして、最後の階層は「Exit Menu」表示がありますので

それを選択すればメニュー設定をを終了する事ができます

 

 

【補足説明2】

実際は私が試した時はこの設定をいじらなくても改行出来ましたし

せどりでリサーチするだけの通常の読み込みでは改行設定も必要はありません。

 

ただ、この選択をする事で改行となるようですので一応やっておきましょう(笑

 

 

通常では使用しないとありますが、どんな時に使うかと言いますと

メモ帳などにスキャンデータをどんどん放り込みたい時に活用できます。

 

 

その時に改行設定をしていないと下記の様に数字がズラっと横に並んでしまい

こうなってしまうと1つ1つのスキャンデータの区切りが分かりづらいです

バーコードリーダーの改行が出来ていない場合

 

 

 

そういった時に改行設定をしておくと綺麗に並びます

バーコードリーダーの改行が出来た場合

 

 

また、改行設定をしたにもかかわらず、改行にならない場合があります。

原因は不明です(笑

 

 

ただ、携帯の文字入力を下記赤枠の形にしておけば改行がされるようになります

この場合、数字でも英字でも大丈夫です

バーコードリーダーの改行

 

 

音がならないように設定する バーコードリーダーの基本の使い方(設定3)

 

この設定をしておかないとバーコードを読み込むたびに「ピッ」と音がします

音がなっても気にしないという方は、この設定をせずに音をお楽しみください(笑

 

 

KDC200(KDC200i)の横にある2つのボタンを同時押しでメニュー表示させます

バーコードリーダー使い方で音を消す手順1

 

 

そのまま下へスクロールしていき「System Config」を選択しましょう

バーコードリーダー使い方で音を消す手順2

 

 

 

そうしましたら下記画面になりますので

また、下へスクロールしていき「Beep Alert]を選択してください

バーコードリーダー使い方で音を消す手順3

 

 

そうしましたら「Beep Sound」を選択してください

バーコードリーダー使い方で音を消す手順4)

 

 

下記画面が表示されますので「Disabled」を選択してください

次にすぐ下にある「Save & Exit」を選択すれば設定完了です

バーコードリーダー使い方で音を消す手順5

 

 

 

【補足説明】

こちらもTOPメニューを選択して上の階層へ戻っていきましょう。

そして、最後の階層の「Exit Menu」を選択すればメニューを終了できます

 

 

さて、ここまでの設定で準備は整いますので

いよいよ残すところ携帯とブルートゥースで接続する設定のみとなります。

 

 

ここまでの流れを確認しますが、下記3つの設定が完了している状態です。
①スキャンデータの保存設定選択→②スキャンデータの改行設定→③音をならないようにする
 

 

その他の設定は特にしなくても問題ありませんので必要に応じて調べていくようにしましょう。

 

 

では最後に携帯へと繋げていく設定を解説していきますが

私が使用している携帯のIphoneでの接続をご説明していきます。

(ご要望があればアンドロイドを追加しますので必要な方は連絡ください)

 

 

バーコードリーダーKDC200(KDC200i)を接続

 

まずはKDC(KDC200i)の横にある2つのボタンを同時押ししてメニュー表示させます

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順1

 

 

次に下へスクロールしていき「Bt Config]を選択してください

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順2

 

 

 

メニューが切り替わりますので「Connct Device」を選択します

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順3

 

 

いくつかの項目が表示されますので「HID」を選択します(選択すると※印がつきます)

※私のKDCでは「HID ios」でした

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順4

 

 

 

次にそのまま下へスクロールして「Save & Exit」を押します

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順5

 

 

押すと一つ前のメニューに戻りますので一番下の「Top Menu」を選択します

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順6

 

 

 

KDC200iでHIDが表示がない時にどうするか

KDC200iですと、HID表示がない場合があります。

 

この時、どうすれば良いかと言いますと

下記URLのバーコードを印刷して、KDC200iで読み込んでください
 

 

これでHID表示がでるようになります。

 

 

実はこのやり方は読者様から相談を頂いて、一緒に解決する過程で分かった方法です(笑

※何度もやりとりをしましたが無事解決(^^♪

rapture_20151020104118

PS

〇〇さん、準備が整ったので頑張ってくださいね!

 

 

 

さてさて、話を戻しますね。

では、この後はペアリングの設定をしていき、携帯と同期させる手順にうつります。

 

 

携帯とペアリング設定をする

 

先ほどの「Top Menu」を選択した後

下へスクロールしていき「Bt Service」を選択してください

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順7

 

 

 

次に表示された画面にある「Pairing」を選択します

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順8

 

 

 

すると「Pairing」が開始され下記の表示に変わります

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順9

 

 

これでペアリングを開始しましたので、すかさず携帯の方で受信設定をしていきます

 

 

私の携帯はIphoneなので、そちらで解説を進めていきますね。

 

 

携帯の受信設定をする

では携帯の「設定」を開きましたら

下記の赤枠の「Bluetooth」を開いてください

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順10

 

 

Bluetooth」がオフになっている場合はOnにしてください

画像ではOFFの状態です

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順11

 

 

ONにすると「デバイス」を受信します。

そこにKDCと表示が出ますのでKDCの箇所をタッチしてください

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順12

 

 

 

KDCの表記部分をタッチすればペアリングを自動で設定してくれます。

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順13

 

 

 

下記の画像はペアリングを設定している状態です。

先ほどのKDC200の方に表示されていた数字と携帯の数字がマッチしている事が分かります

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順14バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続する手順15

 

 

 

無事、ペアリングが設定できると「接続されました」と表示されます。

バーコードリーダーをブルートゥースで携帯と接続完了

 

 

 

接続されるとKDC200の方では「HID Connected」と表示されます

バーコードリーダーで接続できた時の表示

 

 

 

これで設定の完了となります。

 

 

【補足説明】

ペアリングの時にこの記事で紹介した順序で行うと接続に間に合わない事があります

 

その場合は「さきに携帯のBluetoothをONにしておき、その後にKDCのペアリングを開始」しましょう

 

 

 

以上、バーコードリーダーKDC200(KDC200i)の設定方法を解説致しました。

 

 

あとはガンガンリサーチをして経験を積んでいきましょう!

 

 

リサーチや仕入れのやり方などが分からない方は

私が無料でお届けしている「あなたの想いを叶えるせどり講座」へ登録して

無料で濃い~情報を受け取とりつつ、ガンガン結果を出していきましょう!

※登録は下記の「あなたの想いを叶えるせどり講座のバナー」クリック!

他の講座も沢山!無料コンテンツの『せどりと情報発信の教科書「せどナビ」』をプレゼント中!

せどりと情報発信の教科書『せどナビ!』を講座付きでGETする!!



今は月収10万円を隙間時間(副業)で稼ぐのが当たり前の時代です。


あなたも私が用意した「稼ぐための知識」がしっかり身に付く
無料メルマガ講座と圧倒的ボリュームコンテンツで意識改革しませんか?


このメルマガ講座&コンテンツがキッカケとなって
実践開始1~2ヶ月で月収10万円を達成している方が続出しています。



まずはこちらで始めの一歩をスタートさせましょう!


この記事が少しでもあなたの参考になりましたら「いいね」や「はてぶ」などをお願い致します。
プレゼント付きのメルマガは下記バナークリックからもご登録出来ます。
↓せどナビ!紹介動画↓
VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
メールアドレス



One Response to “せどりでバーコードリーダーの使い方(KDC200、KDC200i)を解説”

  1. 横川 より:

    動画のお陰でKDC200iの設定ができました!
    中古で買ったので不安だったのですが、丁寧な解説動画ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ