↓下記バナークリックでせどり漫画付のメルマガ登録フォーム↓



VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
 メールアドレス


フロントエンド、バックエンド戦略とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いつもありがとうございます、まさはるです。

この講座ではフロントエンド、バックエンド戦略について解説します。

 

このフロント、バックエンドは至るところで使われている考え方で

ビジネスを展開していく上では欠かせない戦略だと思ってください。

 

 

 

それではこちらより動画をご覧ください。


 

 

 

 

フロントエンド、バックエンド戦略とは

rapture_20160903114234
 

 

このフロントエンド、バックエンドは利益を最大化させるための考え方で

フロントで見込み客を集めて、バックエンドで利益を得る戦略の事を指します。

 

この様に『戦略、見込み客、利益』と聞くと、何となく聞こえが悪いですが

よりまんぞくしてもらうための過程提供の仕方の一つだと思って頂ければと思います。

 

 

 

フロントエンド、バックエンド全体像

rapture_20160903115048
 

 

フロントエンド、バックエンドの全体像をかんたんに解説していきます。

 

 

 
フロントエンド
まず、フロントエンドでは利益を生むことが重要ではありません。

出来る限り多くの方に手を取ってもらう事に重点を置いていきます。

 

なので、多くの人に提供出来るように、価格を抑えた商品を提供していきます。

 

ここでは出来る限り多くの人に手に取ってもらい

手に取った方に喜んでもらうよう意識する必要があります。

 

そして、関係をしっかりと構築していく事も非常に重要となります。

 

 
バックエンド
ここではフロントエンドでしっかりと価値を提供して、満足して頂いた方へ

より充実した商品、より高度なノウハウなどを『提案』していきます。

 

なので、バックエンドではフロントより、より高度な商品となりますので

当然、フロントエンドの商品よりも高額な商品を提案する事になります。

 

ですが、フロントでしっかりと価値を提供していれば、スムーズに成約に繋がる事が多いです。

 

 

 
フロントエンド、バックエンドを意識する理由
フロントエンドからバックエンドへ繋げる事で

スムーズに価値を提供しやすい流れを作る事が出来ます。

 

 

例えばどんな良いノウハウ、良い商品があったとしても

いきなり「これ、100万するんですが非常に良いモノで」と言われたら

大抵の人は話も聞いてくれませんし、その価値をしっかりと考えてくれる事はありません。

 

それが相手にとって非常に価値があるモノでも・・・です。

 

 

ですが、フロントで安価な商品を提供して満足してもらえていれば

「これ、100万円するんですが最初の商品よりも非常に良いモノで」と言っても

一応、話を聞いてくれるでしょうし、価値を考えてくれるケースも増えるはずです。

 

 

なので、フロント、バックエンド戦略は売り込むための戦略ではなく

価値提供をスムーズに行うための考え、戦略だと思ってください。

 

 

フロントエンド、バックエンドは一般的に使われている

rapture_20160903121549
 

 

実際にこのフロントエンド、バックエンドは様々なところで使われています。

 

 

上記の画像の例はごく一部です。

 

 
プリンターフロントエンド→インクバックエンド)
プリンターはプリンター本体を販売する事で消耗品のインクで利益を積み上げています。

 
お試しエステフロントエンド→契約、回数パックバックエンド)
お試しエステというのを見たことがある方も多いと思います。

初回1000円で全身エステ体験とか、脱毛初回1000円とかですね。

 

あれもフロントで安価な商品で集客しつつ

体験してくれた方にバックエンドとして

年間契約や回数パック、エステ商品などを提案していきます。

 

 
試食フロントエンド→商品バックエンド)
これも実はフロントエンド、バックエンドの形になっています。

 

「これどうぞ~」という形で売りたい商品の試食を食べてもらい

「美味しいね~、買おうかな」という流れで商品購入というバックエンドがあります(笑

 

 
サンプル品フロントエンド→商品購入バックエンド)
これも同じくフロントエンドでサンプル品を配り、より多くの人に使ってもらい

価値を感じてもらった方に商品を購入してもらうというバックエンドへつなげています。

 

 

 

他にも沢山思いつくものがあります。

・レンタルサーバー(フロント)→自社が用意する水(バックエンド)

・新聞勧誘の特典(フロント)→月々の契約料(バックエンド)

・携帯(フロント)→月々のサービス料(バックエンド)

 

 

 

このようにフロントエンド、バックエンドという戦略は

大なり小なり、あらゆるところで一般的に行われている戦略であり

より満足してもらうための価値提供手段ですので、ぜひ取り入れて見てくださいね。

 

他の講座も沢山!無料コンテンツの『せどりと情報発信の教科書「せどナビ」』をプレゼント中!

せどりと情報発信の教科書『せどナビ!』を講座付きでGETする!!



今は月収10万円を隙間時間(副業)で稼ぐのが当たり前の時代です。


あなたも私が用意した「稼ぐための知識」がしっかり身に付く
無料メルマガ講座と圧倒的ボリュームコンテンツで意識改革しませんか?


このメルマガ講座&コンテンツがキッカケとなって
実践開始1~2ヶ月で月収10万円を達成している方が続出しています。



まずはこちらで始めの一歩をスタートさせましょう!


この記事が少しでもあなたの参考になりましたら「いいね」や「はてぶ」などをお願い致します。
プレゼント付きのメルマガは下記バナークリックからもご登録出来ます。
↓せどナビ!紹介動画↓
VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
メールアドレス



コメントは停止中です。

このページの先頭へ