↓下記バナークリックでせどり漫画付のメルマガ登録フォーム↓



VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
 メールアドレス


驚き!スタッドレスタイヤの寿命と交換時期はいつ?普通のタイヤとの違いも徹底解説します!さらに、そこからせどりで稼ぐリサーチまでを紐解いちゃいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いつもありがとうございます、まさはるです。

今日はいつもと違った記事を書いていきます。

 

というのも、最近スタッドレスタイヤを履き替えることになり、

色々と調べたり、お店の人に話しを聞いたりして少し知識を付けれたからです。

 

 

というのも、実はこのスタッドレスタイヤって寿命やメリットが分かりづらいんですよね。

 

それに、いつごろに交換すればいいのかもちょっと判断に困りますし

普通のタイヤとの違いもなんとなく「雪に良い」という事ぐらいしか分からないモノです。

 

 

ただ、せっかく決意を固め買うなら、少しでもスタッドレスタイヤの事を知っておきたい。

そしてスタッドレスタイヤの寿命について知っておきたいという事で色々と調べてみました。

 

 

もちろん、今回のスタッドレスタイヤの話だけで終わるのではなく、

最後に「せどりと結び付ける事で稼げてしまうリサーチ力」についてもお話していきます。

 

 

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤ
 

 

スタッドレスとは凍った道路や雪で積もった道路などを走行する為に開発されたタイヤです。

 

ですが、実は昔は金属などで作られたスパイク(スタッド=鋲)が

埋め込まれたタイヤが普及していてたんだそうです。

 

 

それがスパイクタイヤと呼ばれていたもの。

 

 

そのスパイクタイヤはチェーンに比べて脱着の手間が無い事から日本でも普及したのですが

積雪のない道路や凍った道路以外で走行すると、道路が削れたり痛んだりの問題が起きるように。

 

さらには、その粉じんなどから健康被害が出るようにまでなってしまい見直しがされたそうです。

 

 

そこで開発されたのが現在、主流となっているスタットレスタイヤなんですが

なんと、この名前、タイヤにスタッド(鋲)が無い事からスタッドレスと呼ばれているんだとか。

 

 

まあ、スタッドレスの名前の由来まで遡ってしまいましたが

この事を知るまで、その名前に意味がある事を知りませんでしたので驚きです(笑

 

 

 

で、なんでこのスタッドレスタイヤは滑りにくいのかという事なんですが・・・

 

 

スタッドレスタイヤが滑りにくいのは何故?

 

 

深い溝があるか無いか

 

実はタイヤが滑る原因の一つとして「水の膜」に原因があると言われています。

 

というのも、雪や氷の上を車が走ると、タイヤと雪(氷)の間で摩擦熱が生じるので

その摩擦熱によって雪(氷)が解けて水の膜が出来てしまい

それがタイヤの間に入ってしまう事で通常のタイヤが滑ってしまうようです。


出典:http://www.bridgestone.co.jp/

 

 

一方、スタットレスタイヤは深い溝をしている事で、滑りづらい状態を作っています。

 

通常、積雪を走るとタイヤの溝に雪が入り込んでしまいますが

この深い溝の構造によって、タイヤが回転する時に詰まった雪が落ちる仕組みなんだとか。

 

 

さらに、その深い溝が雪をしっかり噛んでくれる事によって駆動力も上がるようになっています。

 

 

凄いな、スタッドレスタイヤ(笑

 

 

 

サイプがあるから滑らない

 

実はスタッドレスにはサイプと呼ばれる細かい切れ目が入っています。

このサイプがあることによって接地部分の抵抗を増し、駆動力を増しています。

スタッドレスタイヤ サイプ
 

 

 

 

やわらかいゴムだから滑らない!

 

スタッドレスのタイヤのゴムは非常に柔らかいゴムで出来ているのですが

このゴムが伸縮したり変形をするため、雪が溝から落ちやすくなっているそうです。

 

 

一般的なゴムの性質上、低温になるほど固くなってしまう傾向があるため、

通常のタイヤだと普段よりも、さらに固くなってしまうので滑りやすくなるんだとか。

 

なので、スタッドレスには柔らかいゴムであることが必須とも言えます。

 

 

 

以上の3点からもスタッドレスタイヤの性能とは

溝の深さや、サイプ、ゴムの性質や柔らかさで決まっている事が分かってきますよね。

 

 

ここまでで、

スタッドレスタイヤの意味や構造だったり

普通のタイヤとの違いもハッキリと分かったは良いけど

 

買うとなれば・・・やはり価格が少し高いから、数年前の買ったやつでいいか。

高かったからギリギリまで乗っておかないと・・・。

 

という感じで、なるべく長く使いたいのが本音なところになるかと。私もそうなのでw

 

 

ですが、寿命が切れた事を知らずに走ってしまうと命の危険も出てきます。

 

 

ということでいよいよ、お財布にとっても、命にとっても大事な部分でもある

スタッドレスタイヤの寿命の見極めについて調べたことをまとめていきたいと思います。

 

 

もし、寿命がきてしまった事が判明したら、残念ですが買い替えるようにしましょうね。

 

 

スタッドレスタイヤの寿命とそれを知る方法とは?

 

スタットレスタイヤの寿命を図るポイントとして溝の深さとゴムの柔らかさがあります。

 

 

ゴムの柔らかさをみる

柔らかさは目視では難しいので、専用の機器でもあるタイヤ硬度計を使います。

3
 

 

この硬度計を使ってゴムの柔らかさを測定して判断するようです。

ちなみに硬度計はゲージの下部に針が出ているのですが・・・

rapture_20161124104021
 

 

その針をタイヤに押し付ける事で数値が図れる仕組みになっています。

 

 

かんたんに見方を言うと、

硬度計の緑の範囲内だったら、まだ大丈夫というサインで

黄色は要注意サインで、赤は要交換という指標になっています。

 

 

まあほんと簡単に言いましたので、

使う場合は細かい詳細を説明書で確認してから行ってくださいね。

 

 

 

溝の深さをみる

スタッドレスタイヤは溝の深さが新品で購入した時から

50%摩耗してしまったら、その性能を発揮できなくなると言われています。

 

 

見た目だけでは判断しづらいとは思いますが

ちゃんと目印になるプラットフォームと呼ばれるものが付いているんですよ。

 

 

プラットフォーム

 

タイヤの側面に、良く見ると矢印が付いていると思いますが

その矢印の方向の溝の部分を見るとプラットフォームと呼ばれる凸の部分が見えます。

 

 

こことタイヤの摩耗をみて判断するんです。

4
 

新品時には段差がしっかりある事が分かりますが、

走行でタイヤが擦り減ってくると、段差が無くなっていきます。

 

 

で、そこの摩耗が50%を切ってくると性能が十分に発揮できない状態なんだそうです。

6
 

 

 

ただ、このプラットフォームがある場所って

タイヤの側面ではなく地面に接地する箇所にあります。

 

正直・・・見るのがメンドクサイですよね・・・。

 

 

ん~、なにか良い方法がないかなぁと調べていたら面白いものを見つけました(笑

 

 

 

その方法とは・・・100円玉で判断できるという方法です。

 

 

 

100円玉でスタッドレスタイヤの寿命が一瞬で分かる!?

 

はい、それでは100円で分かってしまうという

なんとも驚き桃の木山椒の木ということなんですが・・・(古すぎる表現だな(笑))

 

 

実はスタッドレスタイヤの新品時の溝の深さはおよそ10ミリなんですが

100円玉の数字の部分の1の所までがだいたい0.5ミリ程の長さがあるんです。

 

 

確か、スタットレスタイヤの替えのサインは新品時から50%摩耗したらですよね?

 

 

という事はですね。

 

 

100円玉をタイヤの溝に差し込んで、

数字の1がシッカリと見えたら交換時期という事になります。

8
 

 

 

とても簡単なセルフチェックで実用的ですよね。

これらのサインを見逃さない様にしっかりとメンテナンスをしていきましょう。

 

 

保管とメンテナンスはしっかりとしよう!

 

しっかりと長持ちさせる為にも、冬の時期が過ぎたら

スタッドレスタイヤを履き替えて保管しておく事をおススメします。

 

ちなみに、保管する場合はテキトーにではなく、しっかりと保管するようにしましょうね。

 

 

まず、スタッドレスタイヤの寿命を長くする為にも

スタットレスタイヤのゴムの柔らかさが非常に重要ですので

そこら辺のスペースにおいて雨ざらしで放置しないようにしましょう。

 

 

そしてもちろん、時期が過ぎたら必ず履き替える事も意識してください。

いつまでもスタットレスタイヤで移動していては、勿体無いですよ~。

 

 

それでは次に、スタットレスタイヤを脱いだら

泥や融雪剤、油脂などが付いている場合もありますので

しっかりと水洗いをして、水分を綺麗に拭いてあげてください。

 

 

ここは、めんどくさがらずにやっておきましょう。

一応、履き替えの際に、必ず1度キレイにするという感じで良いと思います。

 

 

そして何度も言いますが保管の際は、そこらへんに野ざらしにしないで保管します。

 

 

ちなみにこの時、直射日光や雨、水・油類・ストーブ等の熱源及び

電気火花の出る装置に近い場所は避ける事が長持ちの鉄則となります。

 

また、出来れば専用のラックを使って保管するのが一番良いみたいですよ。

 

 

まあ、私個人の感覚で言ってしまえば、全部をしっかり用意出来ない場合は

せめて雨に濡れない場所に置き、防水のシートで被せて保管しておくのが一番かと。

 

 

その時にタイヤを地面に置く場合は下に何か「パレット」の様なモノを引いて濡れない様にしましょう。

 9

※ちなみにホイールごと保管する場合は専門の方に聞いた方が良いです。

 

 

また、スタッドレスタイヤを保管してくれるサービスもあるので、そちらを活用しても良いですね。

私もそうしていますが、プロに任せるのが一番安心で手間がかかりません。

 

 

こういった事はお金がかかるので躊躇してしまう事もありますが

結果的に安くなる場合が多いので選択肢の1つに入れても良いと思います。

 

 

 

という訳でここまで

スタッドレスタイヤの寿命や

普通のタイヤとの違いをまとめてみました。

 

 

参考にして頂けると嬉しいです♪

 

 

さて、上手く話もまとまったという事で

ここからは「せどり的な目線で1つ」ご紹介していきたいと思います。

 

 

せどりでリサーチする時に意識するべき点

 

はい、ここまでスタットレスタイヤについてお伝えしてきましたが

雪がちょろっとしか降らない地域では、まだまだ「タイヤチェーン」が良いという方も多いです。

 

実際、スタットレスタイヤって高いですからね。

 

 

 

まあ、そこでせどり的に考えてみると・・・

 

やはり季節商品というのがその都度売行きが上がるように、

冬にスタットレスタイヤは高いから流石に買わないけど、

チェーンは用意しておくという人もいるのでは?という考えに紐づけていきるはずです。

 

 

せどりは商品知識と発想力、紐づけ力が大切ですからね。

 

ある程度は無理やりにでも結び付けていき、リサーチのキッカケにする事が大切です。

という事で、冬の時期になると「タイヤチェーン」も売れるのでは?と考える事が出来るかと。

 

 

 

さて、それでは私がリサーチした商品と

販売した商品で実例を交えて結果をご紹介していきたいと思います。

 

 

この時期ならではなの「タイヤチェーン」を仕入れて販売してみた

 

 

遡る事10月の時点に「リサイクルショップ」でタイヤチェーンを見つけました。

 

 

で、その時にもうすぐ冬だし、雪も降るかな~なんて頭をよぎったので、

普段ならあまり見ないのですが、タイヤチェーンをリサーチする事にしたんですね。

 

理由はその時期ならではの商品で需要が膨らむ可能性があると思ったからです。

 

 

 

いざ、リサーチしてみると、こんな商品を見つけました。

タイヤチェーン
 

 

 

やばい、半端ないほど売れてない・・・

11
 

 

 

でも、季節商品の中でもこれだけピンポイントの季節商品というのは

本当にその時期だけしか売れていないケースも多々あります。

 

初心者の方ならここでリサーチを諦めてしまう事もありますが、

この商品は時期的要素が強い商品なので、さらに深追いリサーチをしてみました。

 

 

 

すると・・・オッ!!

12
 

 

 

ある時期に限ってですが、商品が売れていますね~。

ということは・・・今年も売れる商品では?と紐づけて考える事が出来ますよね。

 

 

ちなみに、コチラの商品リサイクルショップでは1900円で販売していたのですが

このデータを見て、「いざ勝負!売れる可能性が高い」ということで仕入れる事にしました。

 

 

 

その結果・・・毎度あり~。

13
 

 

 

利益2200円の利益率およそ37%を得る事が出来ました。

14
 

 

 

まあ、ただ1つ失敗があったとすれば、もっと高くても売れた事でしょう。

でも、投資と一緒で「あたまとシッポは切り捨てる」ということから考えればOKですね♪

 

 

ちなみに予想通りとは言っては何ですが、売れ行きも上がっていますよ。

モノレート
 

 

 

はい、以上となりますが、

このようにせどりは紐づけて考えるようにすれば仕入られる商品が結構見つかります。

 

 

まあ、今回の商品は初心者の方にとっては、

なかなか検証として仕入れるまでの勇気は出ない事もあるでしょうが

こういったリサーチを元に仕入れて行く商品というのはライバㇽがほとんどいません。

 

 

また、こういったデータを自分で溜めていく事で、

知識もモノレートの読み方もどんどんレベルが上がっていきますので

仕入れ値と見込み利益とのバランスを考えて、色々と試しながら実践してみてください。

 

 

 

コチラの記事の最後の方でもお話していますが、1つ目の商品を見つけたら、

あとはどんどん展開していくだけで大量に仕入れる事が出来ます。


先日の休みの過ごし方は千葉県にある美味しい焼き肉せんりゅうにて食事。

その後はせどりのSkypeサポートも実施して充実した1日となりました。

 

 

例えば今の様に、タイヤチェーンで見つけたら、後は他のメーカーを辿っていくとかですね♪

 

 

 

ぜひ、こういった意識とポイントを持ってリサーチをされてください。

 

もし、せどりの事やリサーチの仕方など分からない事がありましたら

メルマガメンバーに無料でお配りする「せどりとアフィリエイトの教科書」を参考にしてください。

 

 

こちらの教科書は今では動画総数170本のコンテンツが収録されていて

某有名レポートスタンドで優秀賞を頂いた「渾身のプレゼント」となっています。

 

 

受け取りたい方、興味のある方はこちらからご確認頂けます。(バナークリック)



rapture_20161124115350

 

 

 

それではここまでお読み下さいましてありがとうございました。

 

他の講座も沢山!無料コンテンツの『せどりと情報発信の教科書「せどナビ」』をプレゼント中!

せどりと情報発信の教科書『せどナビ!』を講座付きでGETする!!



今は月収10万円を隙間時間(副業)で稼ぐのが当たり前の時代です。


あなたも私が用意した「稼ぐための知識」がしっかり身に付く
無料メルマガ講座と圧倒的ボリュームコンテンツで意識改革しませんか?


このメルマガ講座&コンテンツがキッカケとなって
実践開始1~2ヶ月で月収10万円を達成している方が続出しています。



まずはこちらで始めの一歩をスタートさせましょう!


この記事が少しでもあなたの参考になりましたら「いいね」や「はてぶ」などをお願い致します。
プレゼント付きのメルマガは下記バナークリックからもご登録出来ます。
↓せどナビ!紹介動画↓
VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
メールアドレス



コメントは停止中です。

このページの先頭へ