↓下記バナークリックでせどり漫画付のメルマガ登録フォーム↓



VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
 メールアドレス


せどりでインストアコードを使用して効率化しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この講座ではせどりでインストアコードを

活用するメリットについて解説していきます。

 

 

このインストアコードを使ってリサーチしていく事で

かなり効率的にリサーチが出来るようになりますので、ぜひ活用してください

 


ちなみに、私がサポートした方でインストアコードを読み込むことが出来ない

機種だったか方が複数名いましたが、その便利さと効率の良さに驚いていました

 

 

 

それではこちらよりインストアコードについての動画をご覧ください


 

 

せどりで便利なインストアコードとは何か?

 

インストアコードとは、かんたんに言ってしまえば

店独自設定されているバーコードラベル」の事を言います

 

ブックオフだとこんな感じのラベルが商品に貼ってあり、これがインストアコードです。

写真

 

 

このインストアコードを読むことでAmazonの商品をリサーチ出来るようにしている

携帯検索ツールがあり、そのツールを導入する事で検索の効率を上げる事が出来るんです。

 

 

また、そういったツールにも色々な種類があるのですが

その中でも僕が使いやすいと感じているツールが「せどりすとプロ」というアプリです

写真 1 (1)

 

 

今現在は買い切り型で2000~2300円ぐらいで使用できるかと思いますので

インストアコード機能を使い効率化してリサーチをしていきたい方はお試しください(^^♪

 

 

ちなみに、これを使用するためにIphone に買い替える

サポート生が続出している程、コストパフォーマンス抜群でお勧めです(笑

 

 

せどりでインストアコードを読めるメリットとは何か

 

1つ誤解がないようにお伝えしておきますが

インストアコードを読めなくてもリサーチは出来ますし

商品にあるバーコード部分でも商品を読み込む事は可能です

 

 

ただ、商品バーコードがない商品やバーコードが隠れてしまっている商品も多々あるので

その時は「商品名で検索」するか「規格品番」を手打ちで入力しなければいけません。

 

 

この手間と時間効率の悪さが思いのほか大きいものであり

インストアコードを読めるか・読めないかで、その日のリサーチ量を大幅に変えてしまう程です

 

 

沢山リサーチしてきたからこそ「インストアコード」が読めた方が良いと断言できます。

 

 

 

せどりで便利なインストアコード読み込み設定はかんたん

 

ちなみに、こんな感じでカメラ機能を使っていきます

 

①せどりすとプロを起動後に赤枠をクリック

写真 3 (2)

 

 

 

②設定画面にいきますので、インストアコード欄をONにします

写真 (1)

 

 

③初期画面に戻り、赤枠をクリックしてください

写真 3 (1)

 

 

④カメラモードになりますので、インストアコードをかざしてください

写真 2 (1)

 

 

 

これで読み込めば商品情報が表示されます。

 

 

以上、せどりでインストアコードを活用して効率化しようの解説でした

 

 

 

また、下記のバナーにある「あなたの想いを叶えるせどり講座」では

月収5~10万を稼げるようになるための基礎を伝授していますので登録してください

他の講座も沢山!無料コンテンツの『せどりと情報発信の教科書「せどナビ」』をプレゼント中!

せどりと情報発信の教科書『せどナビ!』を講座付きでGETする!!



今は月収10万円を隙間時間(副業)で稼ぐのが当たり前の時代です。


あなたも私が用意した「稼ぐための知識」がしっかり身に付く
無料メルマガ講座と圧倒的ボリュームコンテンツで意識改革しませんか?


このメルマガ講座&コンテンツがキッカケとなって
実践開始1~2ヶ月で月収10万円を達成している方が続出しています。



まずはこちらで始めの一歩をスタートさせましょう!


この記事が少しでもあなたの参考になりましたら「いいね」や「はてぶ」などをお願い致します。
プレゼント付きのメルマガは下記バナークリックからもご登録出来ます。
↓せどナビ!紹介動画↓
VIPメルマガ登録で「せどりナビゲーションMAP/せどナビ」をゲットする↓
 
メールアドレス



2 Responses to “せどりでインストアコードを使用して効率化しよう!”

  1. ダッシュ より:

    無料版を使っているので気付かなかったというか
    設定画面なんて全く似ない事が原因なのかわからないけど、
    せどりすとにそんな機能があったのですね。

    ブックオフには使い捨て用の本をときどき買いに行くので
    たまには中古も試してみたいとおもいます^^

コメントを残す

このページの先頭へ